2008年3月17日月曜日

オルフ: カルミナブラーナ - ライトナー指揮, ケルン放送交響楽団


[タイトル] Orf: Carmina Burana(オルフ:カルミナ・ブラーナ)
[作曲者] Orf, Carl(カール・オルフ (1895-1982) )
[指揮者] Ferdinand Leitner(フェルディナンド・ライトナー)
[楽 団] Kölner Rundfunk-Sinfonie-Orchester (ケルン放送交響楽団), Der Kölner Rundfunkchor(ケルン放送合唱団), Tölzer Knabenchor(テルツ少年合唱団)
[ソリスト] Ruth-Margret Pütz (sop)(ルース-マルグレート・ピュッツ (ソプラノ) ), Michael Cousins (ten) (ミヒャエル・コリンズ (テノール) ), Barry McDaniel (bar) (バリー・マクダニエル (バリトン) ), Roland Hermann (bs) (ローランド・ヘルマン (バス) )

[レーベル] ARTS ARCHIVES, 43001-2
[録 音] 1973年ケルン西ドイツ放送局スタジオ, 2003年24bit/96kHzリマスタリング

* 画像は オンラインカタログ のものを拝借した。

[お気に入り度] ★★★★★

[曲目紹介]
言わずと知れた カルミナ・ブラーナ 。詳細は、Wikipedia日本語版の記事 を参照されたい。

[演奏]
本盤のポイントは、作曲者自身による録音許諾を得ているところだろう。いわゆる自作自演ではないが、それに類する内容といって良さそうだ。オケは定評のあるケルン放送交響楽団だが、高い技術力で良くまとまっている。各ソリストのソロも、パワフルで、情緒的で、美しい。いわゆる「定番」ではないが、「カルミナ・ブラーナ」の1つの完成形ではないかと思う。以下の通り、音質面での不満はあるが、そんなことはどうでも良いと思わせるだけの魅力がある1枚だ。初めて「カルミナ・ブラーナ」に触れる人にお勧めするものではないが(これは音質面での問題)、好きな人は聴いておいて損のない内容といえるだろう。少なくとも、個人的にはいちばん好みの演奏だ。

[録音]
惜しむべくは、音質の悪さだろう。1973年なのでもちろんアナログ録音なのだが(24bit/96kHzでデジタルリマスタリングされている)、音の厚みに欠けてバイオリンの音が刺激的になっている。中低音は若干不明瞭だ。最新のデジタル録音には敵わないまでも、もう少し高音質なら良かったのだが。スタジオ録音のようだが、残響は比較的長く、多い。

0 件のコメント: